2017年11月20日月曜日

いい岩

秋の余韻と冬の到来を感じに岡山まで

10年ぶりのこのエリア

乾いた空気の中20分程度ののんびりとした

山登りが気持ちいい

寒い

「アレジ」二段

10年前の某選手権の際は下部でうろうろしたくらいで

全然できなかった記憶がある

久しぶりにやったらさすがに成長してて

するするバラせていく

それにしてもバラせばバラすほどいいラインだと気づかされる

中四国に多く見られる丸っぽい花崗岩の妙味を1つの課題に凝縮している

単なる結晶の並びやへこみを繋ぎ

バランスと細かいフットワークで高度を稼ぎ

上部では丸っこい花崗岩特有の乏しいとっかかりで

いかに這い上がるか

クライマーの本当の強さが試される良いラインでした



まぁ試された結果登れなかったわけですが

ガッキー先生が偉大だということで

あと上部のサイドカチ何かが欠けました

たぶん大差ないです

秋の余韻というか冬の到来を存分に感じるくらい寒かったのと

来週からのツアーに向けた指皮マネージメントで早々に引き揚げ


2017年11月17日金曜日

TENIASHI18本戦



はい

TENIASHI18FINALです

日  時:12月16日(土)

集合時間:18:00

集合場所:テニアシ(徳島市から南へ1時間程度)

参 加 費 :1,000円

参加資格:危ない登りしない人
     面識のある人
     予選の結果は一切関係ありません

参加締切:12月5日(火)までに連絡ください

定  員:20人くらい
     あんまり多すぎたら会長の独断でご遠慮願います
     悪しからずご了承ください

宿  泊:可能(広間をご用意しておりますが寝袋は各自持参してください)

注意事項:マットを持参してください




2017年11月14日火曜日

怒りの秋

降水確率0%の日曜日

満を持して山奥へ

紅葉を見に来た峠道に不慣れなカタギの車達をなんとか

やり過ごし腰痛を散らしながらV15の岩へ着くと増水してる

どう考えてもやる価値のない岩に取り付こうとするくらい怒りに我を忘れるも

一旦おにぎりを食べて落ち着きを取り戻し登らず移動

前回のところへ

相変わらず汚いけど下部の水がなくなってたのでリップまでを



作って上部の掃除

1人でランディングを整備して岩掃除して不安定な一手を出していく

ホールドらしきものを見つけて回り込んで磨く

磨けたので絶対不意落ちしたくない一手を出してみる

なんとか止めたけど砂砂

この流れを数回繰り返してボルダリングってしんどいなと思う

コスモは割と人気のフェース「温故知新」1級をお盆以来のトライ

普通に寒いだけ合ってフリクションバチバチで徐々に進んでいく

これを取ったら終わりっていうガバクソカチを保持してもまだ悪そう



五分五分の1手を出して最終的には登ってた

最後にもう一回プロジェクトに戻って掃除して終わり





2017年11月7日火曜日

宿題

ムカイ家とヒカルとまずはマチルダへ

ここも増水してたけどぎりぎり渡れた

まずはおりゅうがソンジョラインを一撃して

みんなでマチルダ



おりゅうが1手目を止めてた

みんな怪我とフィジカルとかの問題でそんなに勝負できてなかった

ラブスラブの横の垂壁で締めて桜花へ移動

積年のランディング整備によってオーマのランディングは割と

残ってくれてた

でも洞窟からどんどん石を落として整備

洞窟に課題作れそうな空間ができてきている



桜花はパパが勝負できてた

みんなでおりゅうの宿題を手伝って時間がすぎる


この後日記を水たまりに落としてた

オーマはコツを思い出すのに時間がかかって

結果手首が痛くなった

もう知らん







2017年11月6日月曜日

苔落とし

台風の増水が気になる山奥へ

お目当てのV15の岩はアプローチできたけど水たまり

帰りの飛び石は五分五分のジャンプだったが勝てた

仕方がないのでシャチの上のルーフへ

昔やったけどふかふかの苔で3手くらい苔to苔デッド出して諦めたヤツ

さすがにということでがんばって苔を落とす



1時間くらいでなんとか形になるも

じゃりじゃりできりがない

じゃりtoじゃりのデッド出して諦めた

雨が流してくれないと無理かな~

ランディングもひどいし無理できないので移動

移動先はどこも濡れてたので撤収

よくない日だった



2017年11月1日水曜日

TENIASHI徳島予選

台風が空気を読んだので無事徳島予選が行われました



あんまり頑張ってもあれなので

今回は一番面白い課題を作った人が優勝ということでした

なのでどれだけ登ってもスタート前に結果は決まっているという

デスマッチ

できることと言えばできるだけ他人の課題を腐すくらい

で登っていただいて





でとりあえず結果発表

今回はシオンがほぼ全完登で一番がんばっちゃったアレ

2位は11完登で二番目にアレなカッキー

3位は10完登で三番目にアレな私でした

で優勝者はシンプルな中に味わい深さとボルダリングの本質を突いた

名作を作ったおりゅうパパ!!



完登がシオンしかいなかったけど8票入ったので文句なしですね

テニTを贈呈

やんややんやというところで

飛行石を持った少女が突如舞い降りてきた



みんながいてよかった



最後に記念撮影したらなんか押してくるヤツがいてブチギレた

打ち上げに移動してパセリがどうのこうのいう話をした


次は11月25日の愛媛予選ですので皆様奮ってご参加下さい

本戦は年内を目標です





2017年10月13日金曜日

体育

なんやかんやで多くなって

ムカイ家コミーシオンヒカルオカピと山奥へ

こないだのプロジェクトを終わらせたかったので「似非スラブ」1級のところへ

みんなは似非スラブがんばる


まだ夏のシオン

ヒカルはタオさん初登のなんか悪いやつ「夏雲」1級を頑張る

俺はがんばってPの苔を落とす

Pはすごくいい天気なのに湿気ってていつまでたっても乾かない

なによりシオンをもってしてもバラせないので今日のところは諦める

似非スラブの左の似非マントルをシオンと遊んで



V15のランディング整備へ単身移動

ちょっと増水してる割にランディングがあったので

なんとか一人でもランディング完成させることができた

もっと早くPを諦めてればできてたから軽く後悔



みんなのところにもどって2級くらいのスラブと1級くらいのラインを

登ってお茶を濁した

かっこいいの登りたい